労働安全コンサルタントの受験概要

労働安全コンサルタント
受験資格 1. 大学の理系卒業者で、労働安全実務5年以上の者。
2. 短大、専門学校の理系卒業者で、労働安全実務7年以上の者。
3. 高校の理系学科を修了し卒業た者で、労働安全実務10年以上の者。
4. 技術士試験合格者
5. 第1種電気主任技術者
6. 1級建築試験合格者
7. 1級土木施行管理技術検定合格者
8. 労働安全(管理者)実務10年以上の者
9. 労働大臣指定の安全講習を修了し、労働安全実務15年以上の者。
10. 上記と同等以上と労働大臣が認定した者。

その他細かく規定されています。詳しくはHPをご覧下さい。
受験内容 ●一次試験
1. 産業安全一般(択一式)
2. 産業安全関係法令(択一式)
3. 機械安全、電気安全、化学安全、土木安全、建築安全より1つ選択受験(記述式)
一定の資格や経歴により筆記試験の全てもしくは一部が免除されます。詳しくはHPにて

●二次試験・・・・口述試験(1.3.の範囲)
受験地 ●一次試験・・・・恵庭市、岩沼市、東京、東海市、加古川市、福山市、久留米市

●二次試験・・・・東京、大阪
受験日程 ●一次試験・・・・10月中旬頃

●二次試験・・・・1月下旬~2月中旬の先方指定日
受験料 ?24,700円
受験申込・問合せ (電話はお掛け間違えない様お願致します。) (財)安全衛生技術試験協会 03-5275-1088
合格発表日 ●一次試験・・・・12月下旬頃

●二次試験・・・・3月下旬頃
コメント 事業所などの依頼を受け、職場の安全管理についての指導を行うのが主な職務だ。専門的な知識を用いて的確な診断をくだし、労働環境の向上をはかる。
高い学識と経験が必要な職種である。
資格は試験によって取得する。合格率は約25.9パーセント(平成16年度)。
関連ホームページ ?(財)安全衛生技術試験協会
備考1
備考2



資格取得の道は資料請求から