学校図書館司書教諭の受験概要

学校図書館司書教諭
受験資格 1. 小、中、高校、盲、聾、養護学校教諭免許の有資格者
2 大学で2年以上在籍し、所定科目の62単位以上を修得した者。


上記の条件に当てはまる者は、講習にて資格を取得できます。
又、現役教師歴2~4年以上で司書教諭に相当する職務経験者は、講習の一部が免除になります。
(講習免除に関しては、受験申込・問合せ先までお問合せください。)
受験内容 1. 学校経営と学校図書館に関する事項(2単位)
2. 学校図書館メディア構成に関する事項(2単位)
3. 学習指導と学校図書館に関する事項(2単位)
4. 読書と人間性に関する事項(2単位)
5. 情報メディア活用法に関する事項(2単位)
受験地 ?4~5月の官報に記載。詳しくは、受験申込・問合せ先までお問合せください。
受験日程 4~5月の官報に記載。受験申込・問合せ先までお問合せください。
受験料 無料
受験申込・問合せ (電話はお掛け間違えない様お願致します。) 文部省初等中等教育局児童生徒課指導調査係 03-5253-4111
合格発表日 講習受講者、全員取得
コメント 学校の図書館に従事し、読書活動の指導や本についての専門知識を生かしながら運営の主力として活躍する。いわば子どもと本をつなぐ架け橋のような存在だ。
資格は文部科学省から委嘱を受けた大学や教育機関での司書教諭講習を受ければ取得できる。
関連ホームページ ?文部科学省
備考1
備考2



資格取得の道は資料請求から