家電製品アドバイザーの受験概要

家電製品アドバイザー
受験資格 制限なし
受験内容 ●AV情報家電
1. 商品知識・取扱い・・・・放送と受信、映像機器、音響機器、情報通信機器、電池等の商品知識や                 
取扱いの知識
2. CS・法規・・・・CSの概念、CSの基本、修理・保証に関する一般知識            
関連する法規(消費者保護、省エネ、環境関連等)の基礎知識

●生活家電
1. 基礎技術・・・・冷凍応用機器、モータ応用機器、石油応用機器、電池等の商品知識や取扱い知識
2. 応用技術・・・・CSの概念、CSの基本、修理・保証に関する一般知識、            
関連する法規(消費者保護、省エネ、環境関連等)の基礎知識

※AV情報家電、生活家電を両方取得すると、家電製品総合アドバイザーの称号が与えられます。
受験地 札幌、仙台、盛岡、青森、東京、長野、新潟、名古屋、金沢、静岡、大阪、広島、岡山、山口、高松、松山、福岡、熊本、鹿児島、那覇
受験日程 ?3月下旬頃、9月下旬頃の日曜日(2回)
受験料 9,230円
AV情報家電、生活家電の両方受験は、15,410円
受験申込・問合せ (電話はお掛け間違えない様お願致します。) (財)家電製品協会認定センター 03-3433-0561
合格発表日 5月上旬頃、11月上旬頃
コメント 家電製品に関する消費者の相談に対し、的確なアドバイスができる者に与えられる資格。多種多様化する商品からどれを選択するかの助言はもちろん、廃棄に関する相談にも対応する。
資格の種類は、テレビやパソコンを扱うAV情報家電とエアコンや冷蔵庫などを扱う生活家電2種類。両方を取得すると、総合アドバイザーとなる。
資格には有効期限があり、5年ごとに更新が必要。
関連ホームページ (財)家電製品協会
備考1
備考2



資格取得の道は資料請求から