冷凍空調技士の受験概要

冷凍空調技士
受験資格 ●第1種
1. 冷凍・冷蔵・空気調和、その他低温・高温の実務経験4年以上の者。
2. 大学、短大、高専で工学又は理学を修めて卒業し、実務経験2年以上の者。
3. 第二種合格後、通算1年以上の実務経験を有する者。
4. 工業高校卒業後、通算3年以上の実務経験者。  

●第2種・・・・制限なし。但し認定には実務経験2年以上が必要。
受験内容 ●理論
1. 冷凍サイクル・圧縮機
2. 伝熱・熱交換
3. 冷媒、冷凍機油、ブライン、冷凍装置設計計算
4. 圧力容器の強度
5. 空気調和(Ⅰ)
6. 空気調和(Ⅱ)

●技術
1. 冷凍装置の設計計算
2. 冷凍装置の自動制御
3. 冷媒配管・付属機器
4. 冷凍装置の運転と保守
5. 保安
6. 空気調和機器
受験地 札幌、東京、名古屋、大阪、福岡
受験日程 2月末の日曜日
受験料 ●第1種・・・・10,000円(登録料7,000円別途)

●第2種・・・・10,000円(登録料5,000円別途)
受験申込・問合せ (電話はお掛け間違えない様お願致します。) (社)日本冷凍空調学会 03-3359-5231

西日本冷凍空調学会 092-471-1530

近畿冷凍空調学会 06-6251-1669

中部冷凍空調学会 052-323-5021

北海道冷凍空調学会 011-816-2851
合格発表日 受験申込・問合せ先まで、お問合せください。
コメント 冷凍機器や冷房などによる事故、災害の防止に努めるのが冷凍空調技士だ。装置検査などを行う。
試験に合格することで資格を取得できる。
関連ホームページ ?(社)日本冷凍空調学会
備考1
備考2



資格取得の道は資料請求から