理学療法士の受験概要

理学療法士
受験資格 1. 大学入学有資格者で、指定の学校・養成所で3年以上勉強し、知識・技能を修得した者。
2. 外国で理学療法士免許に相当する免許を取得し、厚生労働大臣が1.と同等以上と認定した者。
受験内容 ●筆記試験
1. 解剖学
2. 生理学
3. 運動学
4. 病理学概論
5. 臨床心理学
6. 臨床医学大要(人間発達学を含む。)
7. 理学療法
8. リハビリテーション医学(リハビリテーション概論を含む。)

●実地問題
1. 運動学
2. 臨床心理学
3. 臨床医学大要(人間発達学を含む。)
4. 理学療法
5. リハビリテーション医学

●口述試験・・・・点字試験受験者に対して、実地問題に代えて次の科目について行います。
受験地 ●筆記試験・・・・北海道、宮城、東京、新潟、愛知、大阪、香川、福岡、沖縄

●実地問題・・・・東京
受験日程 ●筆記試験・・・・3月上旬頃

●実地問題・・・・3月上旬頃
受験料 ?10,100円
受験申込・問合せ (電話はお掛け間違えない様お願致します。) ?厚生労働省医政局医事課試験免許室国家試験係 03-5253-1111
合格発表日 ?4月中旬~下旬頃
コメント 医学リハビリの専門家が理学療法士だ。病院や治療院、医院などで活躍する場合がほとんどで、最近の就職先としてはそれらが8割以上を締めている。高齢化社会が進んでいる現代では、その需要はますます拡大すると考えられ、一層の活躍が期待されている。
関連ホームページ 厚生労働省
備考1
備考2



資格取得の道は資料請求から