トレーニング指導士の受験概要

トレーニング指導士
受験資格 20歳以上で、ウェイトトレーニング、サーキットトレーニングを社会体育施設等で1年以上経験した者
受験内容 ●理論
1. トレーニング生理学
2. トレーニングと栄養
3. 体力測定法
4. トレーニング場運営・管理
5. スポーツ障害
6. スポーツ法学
7. スポーツ、トレーニング理論
8. レジスタンス・トレーニング
9. スポーツ、トレーニング実技
10. ストレッチング&エアロビクス
11. テーピング
12. 中高年のトレーニング理論
13. スポーツマッサージ
14. 救急法

●理論・・・・ウエイト・トレーニング
受験地 東京
受験日程 8月上旬頃
受験料 ?20,000円
受験申込・問合せ (電話はお掛け間違えない様お願致します。) (財)日本体育施設協会事務局 03-3401-6548
合格発表日 ?講習で取得
コメント ウエイトトレーニングやサーキットトレーニングなどを指導することが職務である。現在スポーツ施設で働いている人のための資格で、受験には実務経験が必要。
トレーナー系の資格のなかでは、正直他の資格に比べてマイナーな感は否めず、資格取得者が優遇されることも少ないようだ。
関連ホームページ (財)日本体育施設協会
備考1
備考2



資格取得の道は資料請求から