技術士・技術士補の受験概要

技術士・技術士補
技術士・技術士補
受験資格 ●一次試験・・・・制限無し

●二次試験
1. 技術士一次試験に合格後、技術士補に登録し、4年を超える期間技術士補としての実務経験者。  
(大学院の期間を有する者は、2年間その期間を短縮することができます。
2. 技術士一次試験に合格後、技術士補に登録することなく、科学技術に関する専門的応用能力を  
必要とする事項についての計画、研究、設計、分析、評価又はこれらに関する指導の業務を行う  
者の監督のもとに当該業務に従事した期間が4年を超える者。  
(大学院の期間を有する者は、2年間その期間を短縮することができます。)
3. 受験申込をする時点で、科学技術に関する専門的応用能力を必要とする事項についての計画、  
研究、設計、分析、試験、評価又はこれらに関する指導の業務に従事した期間が技術士一次試験  
合格前の従事期間を含めて7年を超える者。  
(大学院の期間を有する者は2年間その期間を短縮することができます。)
受験内容 ●1次試験・・・・技術士補試験になるための試験
1. 基礎科目・・・・科学技術全般
2. 適正科目・・・・技術士法4章規定の遵守
3. 共通科目・・・・数学、物理学、化学、生物学、地学から2科目を選択。
4. 専門科目・・・・以下の1部門から選択。基礎・専門知識についての出題。
①機械、②船舶、③航空・宇宙、④電気・電子、⑤化学、⑥繊維、⑦金属、⑧資源工学、⑨建設、
⑩水道、⑪衛生工学、⑫農業、⑬森林、⑭水産、⑮経営工学、⑯情報工学、⑰応用理学、
⑱生物工学、⑲環境、⑳原子力・放射線部門

※指定された国家資格有資格者は共通科目が免除されます。

●2次試験・・・・技術士になるための試験
○筆記試験(総合技術管理部門以外)
1. 必須科目・・・・当該技術部門の一般的専門的知識。
2. 選択科目(記述式)
ア 専門とする事項に関する知識、技術的体験、応用能力
イ 選択科目に関する一般専門知識。

○筆記試験(総合技術管理部門)
1. 必須科目(以下の5部門に関する専門とする事項に関する知識、技術的体験、応用能力)
①安全管理②社会環境との調和 ③経済性(品質・コスト・生産性) ④情報管理 ⑤人的資源管理
2. 選択科目・・・・総合技術監理部門以外の必須科目及び選択科目

※総合技術監理部門以外のいずれかの技術部門の第2次試験の合格者が、総合技術監理部門の
合格している技術部門に対応する選択科目で受験する場合、試験科目のうち選択科目が免除
されます。

●口述試験・・・・技術士としての適格性と高等の専門的応用能力
受験地 ●一次試験・・・・札幌、仙台、東京、新潟、名古屋、大阪、広島、福岡、那覇

●二次試験・・・・札幌、仙台、東京、新潟、名古屋、大阪、広島、福岡、那覇

●二次試験(口述)・・・・東京
受験日程 ●一次試験・・・・10月上旬頃

●二次試験・・・・8月上旬頃

●二次試験(口述)・・・・12月上旬~下旬頃の先方指定日
受験料 ●一次試験・・・・11,000円

●二次試験・・・・14,000円
受験申込・問合せ (電話はお掛け間違えない様お願致します。) (社)日本技術士会技術士試験センター 03-3459-1333
合格発表日 受験申込・問合せ先まで、お問合せください。
コメント 技術士は、科学技術に関する高等な技術を用いて各部門の指導業務を行う技術者である。
試験は1次と2次があり、1次試験に合格し、登録したものが技術士補になる。さらに実務経験を積み、2次試験に合格するとはれて技術士として認定される。
第1級の資格で、難易度はかなり高い。合格者で最も多い世代は40代。科学技術の急速な進歩でその需要は高いが、資格取得の道のりは長い。
関連ホームページ (社)日本技術士会技術士試験センター
備考1
備考2



資格取得の道は資料請求から