基礎施工士の受験概要

基礎施工士
受験資格 1. 大学の指定学科を卒業後、実務経験1年6ヶ月以上の者。
2. 大学卒業後、実務経験2年6ヶ月以上の者。
3. 短大、専門の指定学科を卒業後、実務経験2年6ヶ月以上の者。
4. 高校の指定学科を卒業後、実務経験3年6ヶ月以上の者。
5. 高校を卒業後、実務経験5年6ヶ月以上の者。
6. 実務経験、8年以上の者。など
受験内容 1. 設計
2. 土質
3. 騒音・振動
4. 主材料と施工
5. 安全衛生
6. 場所内コンクリート杭工事知識
受験地 東京、大阪、名古屋、広島、福岡
受験日程 ?11月上旬頃
受験料 ?15,000円
受験申込・問合せ (電話はお掛け間違えない様お願致します。) ?(社)日本基礎建設協会 03-3551-7018
合格発表日 試験日から2ヶ月以内
コメント 建築基礎工事のひとつである場所打ちコンクリート杭工事に関わる資格。専門技術者を国土交通大臣が認定する。
質の良い工事を潤滑に、安全に行うための知識、技術の向上を目的としている。
関連ホームページ ?(社)日本基礎建設協会
備考1
備考2



資格取得の道は資料請求から