救急救命士の受験概要

救急救命士
受験資格 1. 大学入学有資格者で、指定救急救命士学校・養成所(2年制)を卒業した者。
2. 大学で1年以上公衆衛生学等13科目を修了し、指定校で1年の課程を修了した者。
3. 医大等で公衆衛生学、臨床実習等を修了した者。
4. 所定救急業務講習を修了し、5年又は2,000時間以上就業し、指定校で1年課程を修了した者。
5. 外国で救急救命士学校卒業、又は、有資格者で1.2.3.4.と同等以上と認定された者。
6. 看護婦(士)有資格者で、有資格者で1.2.3.4.と同等以上と認定された者。
受験内容 1. 基礎医学
2. 臨床救急医学総論
3. 臨床救急医学各論1・2・3
受験地 北海道、東京、愛知、大阪、福岡(北海道、愛知は、3月下旬のみ)
受験日程 9月下旬頃、3月下旬頃
受験料 ?33,600円
受験申込・問合せ (電話はお掛け間違えない様お願致します。) 厚生労働省医政局医事課試験免許室国家試験係 03-5253-1111

(財)日本救急医療財団 03-3835-0099
合格発表日 試験の約1ヵ月後
コメント 救急患者が病院などの医療機関に運ばれている間、その症状の悪化を防ぐ。救急救命処置が適切に行われているか否かで、助かる確率は大きき変わる。人命を背負った責任ある職種である。
関連ホームページ 厚生労働省
備考1
備考2



資格取得の道は資料請求から