保育士の受験概要

保育士
受験資格 1.大学に2年以上在籍し62単位以上修得した者
2.短大、専門学校を卒業した者または、卒業見込み者
3.1.2.と同等と厚生大臣が認定した者
4.高校卒業後、児童福祉施設で2年以上の勤務歴がある者
5.児童福祉施設で5年以上の勤務歴がある者日6.平成3年3月31日までに高校を卒業した者
7.平成8年3月31日までに高校の保育科を卒業した者
受験内容 8科目すべて合格した者が有資格者となります。
3年間の間、合格した科目は免除の対象となります。
●筆記試験
①社会福祉、②児童福祉、③発達心理学・精神保健、④小児保健、
⑤小児栄養、⑥保育原理、⑦養護原理・教育原理、⑧保育実習理論

●実技
1.音楽・・・・ピアノ、オルガン
2.絵画制作
3.言語
4.一般保育
 ※試験を実施する各都道府県が上記の4科目の中から3科目を選択し出題。
  その3科目の中から、受験者は2科目を選択します。
受験地 実施先にお問い合わせ下さい。
受験日程 筆記試験は8月上旬
実技試験は10月中旬
受験料 12,700円
受験申込・問合せ (電話はお掛け間違えない様お願致します。) (社)全国保育士養成協議会 0120-4194-82(フリーダイヤル)
合格発表日 実施先にお問い合わせ下さい。
コメント 保育士とは、保育所などの児童福祉施設で、子供の健やかな育成を助けるための専門職のことを言います。
以前は、「保母さん」「保父さん」と呼ばれていましたが、平成11年の児童福祉法改正により、「保育士」という名称に統一されました。
合格率は10%前後です。
資格取得後は、保育所、乳児院、母子生活支援施設、知的障害児施設などで活躍します。
関連ホームページ (社)全国保育士養成協議会
備考1
備考2



資格取得の道は資料請求から